イチジク

イチジクとは?

イチジクのイメージ画像

社員同士の交流を深める活動。
部門の垣根を超えたチーム編成で様々な活動を行っています。
メンバーは社内の非公開あみだくじで決められており、主に読書、場合によってはレクリエーションを行うこともあります。
「イチジク(無花果)」→「いちじく」→「いちじゅく」→「一塾」 「一熟(毎日1 個づつ実を熟すこと)」→「一塾」 「塾って響きがなんだか良いね」 というあたりからこの名前がついています。
日常のありふれた中に大切なことは潜んでいる。日々学ぼうという意識からこの名前がつきました。
実りある豊かな活動をしていきます。


本を読もう!

ミライネット図書館の様子

本を読むことは人生を豊かにします。
相手の気持を考えたり、先を想像する力もつき、知識を得ることもできます。
イチジクでは、年間でチーム内で決められた本を読み、感想共有を行っています。メンバーで相談をして本を決めるのですが、自分では普段読まない本が選ばれることもあり読書の幅が広がっています。

◀︎社内には「ミライネット図書館」もあり、憩いの読書スペースとなっています。

楽しみながら実を結ぶ活動を進めていきます。